それぞれのシーン

ビジネスホンは、オフィスなどの分野で使われる電話機です。主な機能としては一定規模の内線と外線を使用できるというものです。一般にはオフィスなどに使われていますが、ビジネスホンと同様の機能を有し二世帯住宅や店舗併用住宅向けのものはホームテレホンと呼ばれます。 近年は従来の電話回線のほかIP電話に対応したものもあり、離れた場所も内線として使用できるメリットがあります。 一方でビジネスホンのデメリットとしては導入コストおよびランニングコストが高いという点で、最新機種のビジネス本ホンでなくても異なりる場合には中古販売されているビジネスホンを導入するケースも多くなっています。中古のメリットはコストが安いもののデメリットとして同じ機種を揃えられなかったり、保守部品が手に入らないといった点があげられます。

通常ビジネスホンを導入する場合にはリースが一般的です。リースでは最新機種のものが用意されるので、最新の機能を利用することができます。一方でリースが完了したビジネスホンの多くは中古販売されるケースが多くあります。また中古品に関しては販売ではなくレンタルで貸し出される場合もあります。 中古販売されるビジネスホンのメリットとしては価格の安さがあります。一般に5台程度の新品を導入する場合には70万円ほどの費用が掛かりますが、中古の場合には20万円程度で導入することが可能です。一方で中古品であり、中古販売されるものは新しいものでも2、3年程度前のモデルであるケースがあり最新の機能が使えないデメリットがあります。